ノバルティス ファーマ株式会社

NOVARTIS

外部サイトに移動します。

リンク先のウェブサイトはノバルティス ファーマ株式会社が運営するものではないことをご了承ください。また、そのサイトの内容やご利用を推奨したり、これに関する責任を負うものではありません。
そのままページを表示する場合は「はい」をクリックしてください。元のページに戻る場合は「いいえ」をクリックしてください。

はいいいえ

作用機序動画

      ゾルゲンスマ投与により正常なSMN遺伝子を運動ニューロン等に導入し、SMNタンパク質の発現量を増加させ、脊髄運動ニューロンの変性・消失を防ぎ、神経及び筋肉の機能を高め、筋萎縮を防ぐことで、SMA患者の生命予後及び運動機能の改善が期待されます1, 2)
      また、導入したSMN遺伝子は患者のゲノムDNAに組み込まれることなく、細胞の核内にエピソームとして留まり、運動ニューロンのような非分裂細胞に長期間安定して存在するように設計されています。
      作用機序動画
  • 1) Foust KD. et al.:Nat Biotechnol. 27(1), 59, 2009.
    2)Foust KD. et al.:Nat Biotechnol. 28(3), 271, 2010.